病院で異常がないと診断されたのに辛い|都島区交通事故治療.com

病院で異常がないと診断されたのに辛い

事故の後は首や腰が痛くなったり、しびれが出たりなどの症状が出ることがほとんどです。そういった場合は当然病院でレントゲンなどの検査を受けるのですが、そういった検査ではむちうちのケガは「レントゲンでは異常はない」と言われることがかなり多いのです。

 

その結果、シップや鎮痛剤を渡されるだけだったり、牽引機械で首を伸ばすだけで終わってしまい、背中の張りや腕・足のしびれなどの症状が改善しないということになることも。

 

むちうちは事故による「強い衝撃」や「不意の衝撃」によって、頚椎や脊髄神経にダメージをおってしまうため起こるケガです。この衝撃によって頚椎だけでなく、背骨全体が歪んでしまい、治りにくくなるのです。

 

歪みはレントゲンではなかなか見つからないものです。当院では「背骨・骨盤矯正」で辛いむちうちの痛みを根本から改善していきます。

 

なかなか痛みが消えない方は早めにご相談ください。